校長あいさつ

『元気に登校! 満足して下校!』

今年度は新入生35名を迎え、全校生徒が91名(4/9現在)の学校です。昨年度7月に本校舎改修工事が終了し、木を基調としたモダンな校舎で教育活動が始まりました。また、校舎改修に合わせ標準服を見直し、男女にとらわれないシックなブレザータイプとしました。生徒達は上級学年になるほど、これまで築き上げてきた伝統や校風をしっかりと受け継ぎ、地域の方からも愛される南中生へと成長していきます。 
 また、生徒個々の長所を伸ばし、時に厳しく、時に優しく、生徒に応じたきめ細かい指導を実施しています。「信頼」は、保護者・地域の方々の願いに応えてこそ獲得できるものです。生徒一人一人、保護者・地域の方々との信頼の中で、「生きる力」を育て共に「信頼される学校」にしていく所存です。
 そこで、教育目標の達成に向けて教職員が一致団結し、魅力ある教育活動を推進し、次のような学校を目指します。

 

1 生徒がいきいきとして前向きに頑張る学校
2 保護者・地域に信頼され、期待に応える学校
3 教職員にとって働きがいがある学校

 

この学校づくりを進める中で、今年度も「共に」歩む学校として次の三点を重点項目として、様々な教育活動を展開していきます。

 

1 学習活動を教員、生徒が共に進め、基礎・基本の定着をめざします
 「教育推進プラン・江東(第2期)」に即して、生徒個々の資質・能力向上に向けた多用な学習活動を展開します。また、ICTを活用しわかりやすい授業、個に応じた学習に取り組ませます。コロナ禍であっても授業を止めない工夫、Challenge Wednesdayの活用により主体的な学びに結びつけます。裏付けのある客観的な学力を身につけ自信をもたせるために、今年度も各種検定試験への受験を全校体制ですすめ合格をめざします。

 

2 基本的な生活習慣の確立
 生徒が安心して学校生活を送るために、今年度も生徒会活動を支援し、本校生徒の合い言葉である「あじみこし(挨拶・時間・身だしなみ・言葉遣い・集中力)」の定着に取り組んでいきます。生徒が主体的に考え、実行していくために、保護者・地域の皆様と連携しながら「南砂中学校生活スタンダード」を踏まえて日常の基本的な生活習慣を大切さを指導します。全教職員が共通理解のもと、あらゆる場面において、きめ細かく指導にあたります。

 

3  自分を大切に、人を大切に、感謝の気持ちで自立を目指します

「自分を大事に」そして「人を大切にする心」を育みます。総合的な学習の時間のテーマを「自分を知る」「自分を伸ばす」「自分を活かす」としました。キャリア教育の一環としてさまざまな場面で自分に挑戦し伸ばし、活かす指導、支援をします。自分の良さを知ることで友達の良さも知ることができます。周りの人や今の環境に感謝しながら自分の将来について考えを深め自立と自律を目指します。

 

今後とも本校の教育活動にご理解、ご協力をお願いいたします。

 

                     江東区立南砂中学校長
                         山 本  修

 

更新日:2022年04月11日 13:33:21